Facebookページをウェブサイトに埋め込むやり方

 

今回はfacebookページをご自身のHPに埋め込む方法をご説明していきます。

ご自身のfacebookページにまずはいきましょう。そこでまずご自身のFacebookページのURLをコピーしましょう。

ご自身のFacebookページのアドレスをコピーする

次に下のページにアクセスしましょう。

こちらのFacebookページのURLに先ほどコピーしたご自身のFacebookページのURLをペーストしましょう。

FacebookページのURLの場所

こんな感じです。

URLをペーストした様子

タブはtimelineとEventとmessageを使用できますが、timelineしか使ったことないので自分は他のタブはわかりません。必要なひとはここで入力しましょう。

次に幅と高さをいれていきましょう。

幅と高さを設定

次に必要なものにチェックマークを入れましょう。

スモールヘッダーはヘッダーの部分が小さくなります。小さく表示したい時はチェックマークを入れましょう。

plugin containerの幅に合わせるはチェックをいれておくことをおすすめしてます。

カバー写真を非表示にするはヘッダーの画像を無くすか使うかの選択です。いらなければチェックしましょう。

友達の顔を表示するは友達の画像が「このページにいいね」の下あたりに表示されます。必要ならチェックをいれましょう。

それぞれ必要な項目にチェックを入れる

おわりましたら「コードを取得」をクリックしましょう。

2つの方法があるのでそれぞれ説明していきます。

まず「javascript SDK」を使用する場合を説明していきます。Step2のコードをコピーします。

ステップ2にのコードをコピーする

次に「外観」→「カスタマイズ」→「便利設定」にいきます。

便利設定にいく

その下にある「headタグ」のところに先ほどのコードをペーストいます。

headタグのタブ内にコードを貼り付ける

次にFacebookのページに戻りStep3のコードをコピーします。

こちらは投稿ページや固定ページなど埋め込みたい場所にペーストしましょう。

ステップ3のコードをコピー

これで埋め込むことができました。

 

もう一つの埋め込み方も説明していきます。

 

「コードを取得」をクリックした後に「javascript SDK」と「IFrame」がでるので右の「IFrame」を選びましょう

こちらはコードは一つだけでこちらのコードをコピーして投稿ページや固定ページにペーストしてあげるだけなので簡単です。

IFrameを選び、コードをコピー

このような感じでペーストすればOKです。

これで埋め込みすることができました。

2つの方法をご説明しました。その時に応じてお好きな方法で埋め込むといいでしょう。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 🐩プードル鍼灸整骨院🐩 , 2017 All Rights Reserved.